バンドや芝居は若者だけのものじゃない!

バンドや役者としてプロを目指す人はとても多いです。それこそ有名アーティストや俳優になれるのは、そのうちに一握りと言って良いでしょう。しかも、有名になったとしても、ほんの一時だったりする人も大勢います。そして大抵の人は、ある程度の年齢になると、プロを諦め、会社に就職し、家庭を持ったりしています。

でも中には、ずっと諦めずに夢を追い続ける人もいますし、プロは諦めてもアマチュアとして続けて行く人もいます。また、一度止めたものの、また趣味として始める人もいるでしょう。そうした人たちは、中年と呼ばれる年齢に達しているかもしれませんが、音楽や芝居は年齢に関係なく楽しめるものですし、年齢が高くてもプロになれる可能性は十分にあるのです。

もちろん若い時にやっていた人だけではありません。ある程度の年齢になって、やっておきたかったことや、やり残していたことって出てきますよね。それが楽器だったり、バンドだったり、芝居だったりする人は意外に多いんです。そして楽器や芝居というものは、歳を取ってからだって、努力によって必ず出来るようになります。決して若者の特権なんてことはないんですよ。

音楽や芝居は諦めずに続けるコトで人生を豊かにする!

若い頃から続けてきた人も、歳をとってから始めた人も、プロを目指す人も、趣味として楽しみたい人も、もちろんそれぞれにやり方も努力の度合いも違ってきますが、共通していえることは、年齢を理由に諦めないコトです。もし出来ないコトを年齢のせいにするのであれば、初めからやる価値はありません。

何事も、楽しむためには努力が必要です。よほどの天才でもない限り、楽器や芝居をするには練習をしなければいけません。歳をとるほど物覚えは悪くなりますし、動きだって鈍くなります。でもそれを言い訳にするなら、一緒にやっている人たちに迷惑です。やる資格はありませんね。出来ないのなら、その分努力をする!出来るまで練習をするべきなんです。

ある程度社会人として働いてきている中高年の人たちにとっては、若い人たちと同じ土俵で敵わないことを認めたくない場合もあるでしょう。でも音楽や芝居の世界では、そうして年齢は関係ないからこそ、歳を取ってもチャンスはありますし、生涯楽しめる宝物なんです。それには頑張って練習をするということは必須です!そして諦めないで続けるコトで、きっと人生は他の同年代の人たちよりも、ずっと豊かなものになるでしょう 。このBlogでは、そんな人生を送るために、中高年になってもバンドや芝居を続けて行ける方法をアドバイス出来ればと思います。

好きな事を続けるのは最高に難しい!でも最高に幸せだ!

音楽や演劇の世界を一度味わうと、その魅力は忘れられません。一度は生活に追われて止めたとしても、またやりたくなるものなんです。もちろんその魅力にとらわれて、ずっと続けているという人もたくさんいます。若い頃はプロを目指しても、ある程度年を取って、アマチュアに徹して楽しんでいる人は大勢いるのです。もちろんいくつになっても、夢を諦めずにプロを目指して頑張っている人もいるでしょう。また、年を取ってから始めてみた人だって大勢いますね。

どういう形でいつ始めたにしろ、そしてどういう形で続けていくにしろ、好きで始めたことは是非歳を取っても続けていって欲しいですね。仕事や家庭を持って、さらに芝居や音楽活動を続けていくのは、お金も時間も掛かって大変です。恵まれた環境でないと難しいのが正直なところです。でもそこはなんとか他のことを我慢してでも乗り切って欲しいのです。やりたいからといって、芝居や音楽は誰でも出来るわけじゃありません。ある程度の器用さが無ければ公演やライブに出られるとは限らないのです。

ですから、それが出来るのはとても幸せなことなんです。好きな事を努力して続けていく・・。そしてそれを誰かに観てもらい、何かを感じてもらえる・・。それはとても素晴らしいことですし、誰もがやれることではないと気付いてください。自分にはその気力と才能があるのだと自覚し、最高に難しくても好きな事を続けてください。それは最高に贅沢で幸せなことでもあるのです。

形から入る?マイ楽器でテンションアップを

何事も形から入るのは大事です。確かにそれでお金を無駄にする人もいますが、好きなことなら続けられるでしょう。と、いうことでおすすめしたいのが、マイ楽器の購入です。バンドを始めるなら絶対に必要なものですね。例えば一番人気のギターなどは、あまりにたくさん楽器屋に並んでいて、どれが良いのか分からなくなってしまいます。それだけに、自分の好きな楽器を見つけて購入するのはとても楽しいですし、テンションも上がって練習にも力が入るでしょう。

バンドを新たに始めると、ギターやベースはもちろん、ドラムだってスネアやシンバル、ペダルなどは自分のが欲しくなるものです。楽器だって自分を表現するのに一役買う重要アイテムですから、選ぶのにも音はもちろん、デザインにもこだわりたいですね。ライブでは、楽器でも個性を打ち出すことが出来ますし、自分たちのバンドの世界観を伝えることも出来ます。特にフロントギターとベースは目立つだけに気を配りたいものです。

すでに持っている人も、初めて手にする人も、まずはバンドを始める時には色々な楽器を物色して、気に入ったものを思い切って買ってしまいましょう。もちろん値段とも相談をしなければなりませんが、楽器というのはメンテナンスをしながら永久的に使えるものです。標準的ランク以上のものを選べば間違いないでしょう。初心者だからと、安物を選ぶのはよくありません。モチベーションだけでなく、自分の腕も上げるためには、やはりある程度のレベルをクリアした楽器を選んでくださいね。

久々にバンドをやる人も、今になってバンドをやってみたい人も、昔の楽器が残ってる人も、初めて楽器を手にする人も、とりあえず新しくマイ楽器を買って、気持ちもあげてオヤジバンドの活動をスタートさせましょう。形から入るタイプというのもバンドの世界では必要なんです。

お金が掛かるのはしょうがない?夢のためには犠牲も必要

音楽や芝居を続けていくには、努力の他にもうひとつ!お金も必要になります。正直ライブや公演をするには、ある程度のお客さんが来てくれないと、赤字なわけです。でもだからといって、有名になるには地道に続けて行かねばなりません。つまり夢をかなえようと思ったら、それなりにお金も必要だというわけです。実際、お金が続かなくて諦めるバンドマンや役者さんはかなり多いです。

本格的に活動をするには、やはり就職していると難しかったりします。バンドマンや役者さんたちは、バイトをしながら活動をしている人が多いのはそのためです。でもある程度の年齢になってくると、将来に不安を感じて就職を考えたり、同時にプロへの夢を諦めてバンドや劇団を辞める人も増えてくるんです。でもせっかく頑張ってきて諦めるのはつらいですよね。

確かにいくつになっても諦めずにバイト生活をしながら頑張れとは言えませんが、自分の中で決着が着くまでは、出来るだけ続けて欲しいと思うのです。夢なんてそんなに簡単にかなうものではありません。ある程度の犠牲も当然必要なんです。「いい年していつまでも・・」という気持ちは、周りではなく、自分が一番感じることです。諦めてしまうのは自分です。そこで終わらせるのは簡単で、いつだって出来ます。だったらもう少し他のことを犠牲にしてでも頑張ってみませんか?

自分にとって何が一番大切で、どうありたいと思うのか、そしてどうなりたいと思っているのか・・・。それをよく考えて、出来ればお金や年齢を理由に夢を諦めるのは、出来るだけ避けて欲しいです。確かに不安定な生活に弱気になることもあると思いますが、夢の為には必要な犠牲だと開き直って、そんな自分を誇りにもう少し頑張ってみてください!

私はやりたいことが決まっていたら絶対諦めるべきではないと思います。先立つものがなかったらカードローンでお金を借りるというのもありだと思いますよ!
申込みはこれでバッチリ!アコム利用までの流れをご紹介

プロになりたいなら諦めないコト!強い意志が最後に勝つ!

どんな世界も甘くはありません。特に音楽の世界では、プロになれるのはほんの一握り、しかもずっとその道で生きていくためには、大変な努力が必要です。ですからまず、プロになりたいのであれば、夢が叶うまで諦めないという強い意志が何より大事なのです。ほとんどの人は、若い頃にはメジャーデビューを夢見てバンド活動をしますね。バイトをしながら練習とライブを重ね、ファンを増やし、インディーズに所属して・・というところまでは辿り着くバンドも案外多いでしょう。でもその先はなかなか進まないのが実情です。

そのうち経済的にもきつくなり、年齢も30代後半あたりになると、就職や結婚を機にバンド活動を止めたり、趣味として続けていく人がほとんどになります。いわゆるダメだった時のための保険を掛けるようになってしまうんです。そうなると周りの目も趣味でやってるとしか見なくなりますし、自分の意識も弱まります。その時点でほぼ夢は遠ざかったといって良いでしょう。

今はインターネット社会ですから、昔のようにCDデビューをしなくても、自分たちの音楽を世界中に配信出来てしまいます。しかも本当に良いものを配信し続ければ、それがブレイクのきっかけになることだってあるでしょう。膨大なバンドの動画や音源から注目を集めるのはとても難しいことですが、チャンスとしては平等に与えられているわけです。しかも年齢にも関係なく活動が続けられますね。バンドでメジャーデビューという夢があるのなら、年齢を理由に守りに入らず、強い意志を持って続けてください。諦めることはいつだって出来るんです。まずは諦めないことが、最後に勝つための必須条件だと思ってください。