プロになるならやっぱりオーディション?情報はマメにチェック

演劇の世界はとても自由で楽しいものですから、趣味でやるには、どこかの劇団に入って、休日を利用して練習し、公演をやるという形でずっと続けていけます。しかし、プロの役者を目指しているのであれば、またちょっと違ってきます。ただ公演に向けて稽古をするだけでは、よっぽど何かで注目されない限り、なかなかプロにはなれません。テレビ、映画、もちろん舞台といった世界でプロとして活躍するには、常に情報をチェックし、マメにオーディションを受けましょう。

芝居の世界では、あらゆる年齢の配役が必要ですから、若い人だけじゃなく、年配の人にだって十分にチャンスはあります。自分の年齢に合った役の募集に目を光らせて挑戦してみましょう。そこで大切なのは、何回落ちても諦めないことです。本気でプロの役者になりたいのであれば、落ちるのが当たり前だと開き直って、諦めないで続けてください。ジャンルにもこだわらず、とにかくエキストラ的なものでもやってみましょう。

あとはやはり事務所に入るのも手です。とはいえ、なかなか入れるものではありませんが、売り込みにチャレンジしてみるのも良い経験になるでしょう。とにかくプロになりたいのなら、情報をマメにチェックし、何度落ちてもへこたれない忍耐力が必要です。ただし、役者を職業にするには、演技の上手さだけではダメです。その人の個性、魅力がとても重要になってきます。ある程度で折り合いをつけ、劇団員の一員として、ずっと芝居を続けていくという道も、決して悪くは無いと思います。