同じ目標の仲間は鉄板!上を目指すなら信頼出来るメンバーを

バンドをする時に大切なのは、何といってもメンバーです。これは演奏の上手い下手の問題ではなく(もちろん上手いに越したことはありませんが)、音楽性が合っているか、また目指すところが同じかどうかが重要なんです。特にプロを目指している場合、メンバー全員が諦めない姿勢を持っていないと、なかなか上手く行かないものなんです。特に年齢が高くなるにつれて、プロを諦めて、日常生活に重きを置く人が増えてきます。ただでさえ、プロになるには大変なのに、諦めが入り、バンドより他の事を優先するようになったら、さらにプロへの道は遠ざかってしまうでしょう。

ですから、バンドは全員が同じ目標に向かって進んでいけるメンバーこそが鉄板なのです。そしてさらに、自分のバンドの音楽に誇りを持っていることも大事です。ただ単にプロになりたいとか、完璧に演奏が出来るとかだけのメンバーだと、仲間としての信頼関係がなかなか持てないものです。また、人として性格上信頼出来るかどうかも重要です。いくら音楽性や目標が同じでも、性格的に合わない人とは、これまたうまくやっていけない場合が多いのです。

これは趣味でやるオヤジバンドでも同様です。全員が趣味だと割り切っていないと、うまくいきません。気楽に楽しみたいのに、生活を犠牲にしてまでの活動を要求されては困ってしまうでしょう。年をとっても趣味として楽しみたいという、同じようなスタンスの、気の合う仲間を集めてくださいね。このように、ある程度年を取ってからバンドを続けるには、目標が同じであるメンバーで固めることが大切です。特に上を目指すのだったら、一緒に頑張れて、信頼出来るメンバーを見つけましょう。