練習だけじゃつまらない!ライブをやってやる気を高めよう!

何事もそうですが、一生懸命練習すれば、その成果を誰かに観てもらいたくなるのは当然です。音楽なんて特にそうですね。表現するものですから、聴いてもらって初めて成立するといっても過言ではないでしょう。プロを目指しているならもちろんですが、趣味でやっている人も、モチベーションを高めるためにも演奏を披露する場は絶対に必要です。そしてそれがライブなのです。

特にオリジナルバンドは、自分たちの音楽の世界を伝える大切な場所ですし、コピーバンドだって、演奏を聴いてもらうのはとても楽しくて、しかも上達への一番の近道にもなります。オヤジバンドだからと躊躇せず、どんどんライブをして、バンド活動をさらに楽しくて有意義なものにしましょう。若いバンドに交じってするのも、同世代のバンドとやるのも良いですね。

では具体的にライブをするにはどうしたら良いかと言えば、まずライブハウスに音源を送りましょう。スタジオでCDなどに録音し、郵送や持ち込みで出演したいライブハウスに聴いてもらうんです。それからオーディションライブをする場合もありますし、場合によってはそのままブッキングライブに誘われることもあるでしょう。ですから、まずは自分たちのバンドのカラーに合ったライブハウスを選ぶこと、そして出演する際のノルマなど、条件をよくホームページなどでチェックしてから送ることが大切です。

また、もともと活動をしていた人や、周りにもバンド仲間が居る人の場合は、企画ライブをするという手もあります。何バンドか集めて、ライブハウスを貸し切る感じだと思ってください。プロ志向であれば、そうしたバンドを集めて通常のブッキングライブのように出来ますし、趣味のオヤジバンドであれば、仲間を集めてセッションをするなど、会費制のパーティー形式にすることも可能です。

音楽は人に聴いてもらってなんぼの世界です。是非積極的にライブをして、バンド活動の基盤にしてみてください。確かにノルマを支払うのは大変です。特にメンバーの少ないバンドでは負担も大きいでしょう。でもプロを目指すバンドであれば、ファンを作ったり、チャンスをつかむきっかけにもなります。そして趣味のバンドでも、やっているうちに本気に目覚めてしまうかもしれませんよ。