いくつになっても諦めずプロのバンドを目指すには!

人間歳を取るにつれて、年齢を理由に諦めることが増えて行きます。それは好きな事に関しては顕著に表れると思います。若い頃は、好きな事で飯が喰いたいと夢を描いてい人たちも、ある程度のところで諦めて就職し、家庭を持ち、夢を忘れてしまうんです。でも、今の世の中、いくつになってもチャンスはあります。特に音楽の世界では、何がきっかけでブレイクするかもわかりませんし、地道にライブを重ね、ファンを増やしていけば、インディーズデビューだって夢じゃないんです。

確かにバンドというのは山ほどありますから、人気が出てメジャーデビュー出来るなんてほんの一握りです。でもだからって、ある程度の年齢までやって、そこで諦めるくらいなら、最初からそこまでだったのです。いくら若くてチャンスが多くても、そんな姿勢じゃどのみちプロにはなれなかったでしょう。つまり、いくつになっても諦めずにプロのバンドを目指す人こそ、チャンスもあるということです。

まずそれには、色々と我慢することが大事です。バンドを続けて行くには、機材費やスタジオ代、ライブのブッキング費用など、さまざまなお金が掛かります。よっぽど稼いでいない限り、とても遊ぶお金なんてありません。しかも、自分の仕事優先に考えていたら、平日ライブは出来ないし、周りにも遊びでやってるとしか思われません。たとえいい年してバイト生活をしてでも、音楽活動を中心にやっていることが大切なんです。

バンドマンには貧乏が付き物と割り切って、好きな事をやっているという誇りと自信を持ちましょう。就職や結婚だって、融通の利く勤め先や、理解ある相手なら決して出来ないコトはありません。年齢が不利になる条件は意外に少ないものなんです。つまり、プロを目指すのに一番重要なのは若さではなく、強い意志です。諦めることなんていつでも出来るのですから、年齢を言い訳にせず続けてみませんか。