ライブで販売!どうせなら音源を作って形にしよう!

バンド活動をしていれば、おのずと自分たちの演奏を形に残したくなるものです。もちろんライブの時にライブハウスに録ってもらうのも良いですが、どうせならスタジオで録るのも良いですし、さらにはレコーディングスタジオで本格的にCDを作ってみるのも楽しいと思いますよ。ただし、ちゃんとレコーディングするにはかなりお金も掛かります。

プロを目指して、少しでも高レベルな音源が作りたいのであれば、お金を掛けてでもプロに頼んだり、また専用機材を購入して、自分たちで編集するのも良いでしょう。でもそこまでお金を掛けられないのであれば、とりあえずスタジオでCD-Rなどに録音し、出来る範囲でパソコンで自分で編集してみましょう。もちろんCDにするだけで満足してちゃダメですよ。

音源を作ったら、それを皆に聴いてもらいたいのは当然でしょう。それにはライブ会場で販売することも大切です。その場合、CDだけじゃなく、ジャケットも出来る範囲で挑戦してみましょう。これもお金を掛ければプロに頼むことも出来ますが、市販のPCラベルなどを利用して、自分たちで作れば安く出来ます。販売自体、メジャーバンドではないので高くては売れません。出来るだけコストを安く作らねば赤字になってしまいますから、気を付けてくださいね。

あとはライブで告知をし、物販で販売しましょう。ディスプレイも考えるのも楽しいですよ。もちろん作った音源は、出たいライブハウスや、入りたいインディーズレーベルなどに送るのも忘れずに!自分たちの音楽を形にし、聴いてもらうには、ライブとCD作成・販売の両方を頑張ってみましょう。